内面

内面を磨くには

内面を磨くには

内面は外見に表われる

外見が美しい人は内面も美しい、誰でもそんな風に思いがちです。
しかし美人にもそれぞれ異なった印象があり、そこには内面の性格が多少なりとも関係してきます。

性格が優しかったり、笑顔を絶やさない明るさがある人は、穏やかな表情を浮かべやすいもの。
それが周囲の人の気分を和ませ、リラックスさせる効果を発揮することもあります。

どんなに美人でも、気が強く自己主張ばかりしている人は、猛々しい雰囲気を持っています。
周囲もそれを察知して、近づかないようにしよう、刺激しないように気をつけようとするもの。
一見敬われているように見えて、避けられてしまう美人は損だと思いませんか。

孤独な生活を送る人が増えてきた現代ですが、人は1人では生きていけないもの。
遠く離れた知らない人であっても、誰かしらがいるお陰で生活していけます。
そんなことに感謝すれば、自然に自分に与えられた恵みに感謝できるでしょう。

感謝の気持ちが生まれてくれば、自分勝手に怒っていてはいけないと思えてくるはず。
そのとき笑顔を作れるようになり、ストレスから解放されて周囲にも良い空気を振りまけるようになるのです。

外見磨きで忘れがちになること

現代の女性は、外見磨きに必死になりがち。
何歳になっても美しくいたいと思う気持ちは女性として忘れたくないものですが、化粧っ気もなく毎日畑で汗を流しているお年寄りの中にも輝いて見える人はいます。

そんな人に特徴的なのが、力まず自然体で笑顔でいるということ。
毎日何気なく楽しく過ごせているから、日常的に笑顔が出るのです。

70歳になっても50歳くらいに見える若々しさ、シミやしわ一つない肌の美しさ、それらは美容サプリメントを飲んだり美容外科でプチ整形を受ければ実現可能です。
しかし、外見ばかり見栄えがよくても、話してみると意地悪だったりいじけた性格の人だとがっかりしませんか。

苦手だなと思える性格の人に出会ったら、反面教師にして自分に振り返ってみましょう。
あんな人と出会って損したと思わず、何故あのような性格不美人になってしまうのか、何故その人の言動に不満を感じてしまうのか考えてみると、案外学ぶことが多いものです。

性格美人は誰も嫌わない

性格がいい人は、例えモデルや女優のような外見美人でなくても嫌われることがありません。
計算高いといわれそうで性格美人を気取れない、そんな風に悩む人もいます。
それなら、計算ではなく本当に性格がいいというところまでマナーを身につければいいのです。

誰にでも自由に生きる権利がありますが、他人と共存することもこの世界では重要。
幸福に生きるためには、他人を不幸な気分に貶めてはいけません。
他人をもいい気分にする人は、誰にも嫌われることがないのです。