結婚式

現代における恋愛 » 日本の伝統的な結婚式は?

日本の伝統的な結婚式は?

今、和婚がブーム

神社・仏閣で挙式を行う和婚が、今ブームとなっています。
もちろんまだまだウェディングドレスでの結婚式に憧れる女性がたくさんいますが、それ以上に和婚に夢を持つ人が増えてきたのです。

なぜ和婚をしたいと願う人が急増したのかといえば、日本の伝統的なスタイルの挙式を選ぶ人が少なくなってきたことに希少価値が見出されたという点が挙げられます。
つまり、ウェディングドレスでの挙式がありきたりになったというわけです。

また一方で、ウェディングドレスを着て美しく映えるためには、相当な努力が必要な場合があるという問題があります。
背中が大きく開いたドレスを着るために、衣装代より高いウェディングエステに通う女性も珍しくありません。

その点、和婚での花嫁衣裳は着物ですから、素肌がさらされるのは顔のみ。
その顔ですら、白無垢のときには白粉で白く塗られることになります。
どんな女性でも、難なく最高に美しい花嫁姿になれるのです。

普段から日本人として慣れ親しんできた神社や仏閣で、挙式できるのも余計な緊張を生みません。
安心して式に臨むことができれば、より深い思い出ができるでしょう。
そんなメリットの多い和婚にも現代風のバリエーションが出てきて、人気に沸いているのです。

和婚の種類

和婚は、神社や仏閣で挙式をするのが一般的です。
大きな神社ともなれば、披露宴会場が境内に設けられている場合もあります。

しかし、人気の神社は挙式の予約を取り付けるのも大変。
最近では、ホテルに神主さんを呼び、ホテル内で和婚ができるところも増えてきています。
略式の和婚をすることもでき、神前式とかしこまらずに挙式の一種と気軽に和婚に踏み切れるのも、このケースのメリットです。

挙式は和婚で、披露宴ではウェディングドレスも軽く着ておきたいという女性の願いもかなえられるようになったのが、現代風和婚のいいところです。
和婚に対して想像が広がる下記のサイトを御紹介いたします。
>>http://www.wakon-style.jp/

和婚の衣装

和婚での花嫁衣裳といえば、白無垢や色内掛です。
白無垢は、純白の着物に同じく真っ白な綿帽子をかぶって登場します。
色内掛は、白無垢とは一転して絢爛豪華な着物。
角隠しを頭に乗せることが多く、綿帽子も角隠しも文金高島田に結った髪の上にかぶります。

ただ、昨今の和婚では、髪の結い方を必ずしも文金高島田にこだわらない傾向があります。
その場合、色内掛を着けて角隠しをかぶらずに挙式する女性も増えています。

どんな花嫁衣裳が好まれているのかというと、全国的に色内掛が圧倒し始めているのが事実。
昔ながらの色内掛とは異なり、現代風の色調や柄で作られた衣装も多くなり、普段は着物を身につけない女性でも抵抗なく受け入れられる結果となっています。