男性ウケする浴衣とは?

そもそも男性は浴衣大好きです

普段着ている洋服とは全く違う印象になるゆかた、最近は都市部でも浴衣を着ていくと割引になるお店などがあり、若い女性も多くの方が浴衣を着ています。
夏、花火大会や縁日など色々なイベントがあり、そこにゆかたで行くというのも風情があります。
男性は、そんな女性を見ていつもとは違い色気がある!と注目しますし、そんな女性の浴衣姿が大好きという男性も多いのです。

でも男性が嫌いな浴衣の着こなしもありますし、すきなカラーや柄などもあります。
どのような浴衣が好きなのか、しっかりチェックしておきましょう。

大好きな浴衣のカラーは?

男性が好きな浴衣のカラーは、ダントツで青です。
以外なのですが、青系で涼やか、夏に似合うカラーが人気です。
洋服ではパステルカラー、特にピンク系の色が好きという男性が多いのに、和装となると青が来るというのは、女性にとって意外かもしれません。

確かに青は涼やかで夏によく似合うカラーです。
また白も定番で、人気があります。
白は帯も小物も合わせるのが簡単なので、女性も白のゆかたを選ぶという方が多いです。

白地の浴衣に黒っぽい帯をあわせると大人っぽい装いになりますし、ヘアスタイルによっても違いが出ます。
次にピンク系です。

以前はピンク系の浴衣というと子供のものが多かったのですが、最近は大人のピンク系の浴衣も多くなっています。
ただ女性から見るとあざとい・・・と感じるようで、グループで行く時と彼と二人で行く時と、浴衣の色を変えるといいかもしれません。

意外と人気がないのが水色

男性が好きな色のはず・・・・水色はパステルカラーの部類に入るので、すきかと思いきや、嫌いという事はないけど印象が薄い色、という事で、水色は人気がない色です。
さわやかで水色の浴衣って結構多いのですけど、男性にとってはそれほどぐっとくる浴衣にはならないようです。

実は渋い色の帯が人気、というのも意外です。
渋めの色、昔ながらの和装の色というのでしょうか。
何色と表現したらいいのかよくわからないようなくすんだような色も、男性から、女性から人気があります。
茶色を濃くしたような渋い色の帯に、深い水色に緑が入ったようなこちらもまた渋めのカラーの浴衣、こうした渋いコーディネイトの浴衣に、素敵だなと感じるというのも、日本人男性特有の管制なのかもしれません。

レトロ柄の浴衣も最近よく出ていますが、レトロになりすぎないコーディネイトをすることで、男性からも受けがいい浴衣となっています。
わざと和装小物じゃなくて、洋装の小物をあわせたり、髪の毛はぐっとクラシカルにするなどして、工夫すると、男性から注目されそうです。
いずれにしても、浴衣は自然と女っぷりをあげてくれるので、夏にオススメです。

Related Articles