ADDICTION ザ アイシャドウ

素晴らしい業績を誇るアディクション

アディクションというのは百貨店専用のメイクブランドとして、2009年にコーセーから誕生しました。
ブランド名であるアディクション(ADDICTION)というのは中毒性、依存症といった意味を持っています。
この名前の通り、多くの人が、一度使うとその使い心地の良さに蛇^ユーザーとなり利用し続けています。

販売されているアイテムもアイシャドウからスキンケアアイテムまで27品目108種類に及び、多くの人が愛用しています。
最近ではメイク用品のランキングでも上位に入るアイテムも増えており、どんどんと業績は拡大中です。

普段使いできるアイテムでありながら、今までなかった色味やビジュアルの商品はどれも新鮮で新作が発表されるたびに大きな話題を集めています。
既存の概念にとらわれない新たな発想で常に多くの人の興味関心を集め、今後もさらに成長していくブランドと考えられています。

ADDICTIONといえばやっぱりアイシャドウ

ADDICTIONの目玉商品とも言えるものの一つがザ アイシャドウというアイシャドウです。
ADDICTIONのアイシャドウの特徴は色の展開が多いということです。
例えば、白や茶色、ベージュ、黒といった色は単色として扱われがちですが、これらの色だけでも6種類展開しています。
マットやメタリック、パールといった仕様の違いがあり、バラエティに飛んだ色合いは見ているだけでも楽しめます。

また、カラーバリエーションが豊富なことで自分に合う色を見つけ出すことができます。
アイシャドウというのはどうしても好みの色があっても自分に似合うものとそうでないものがあり、無難な色にまとまりがちなものです。
しかし、このようなカラーバリエーションが豊富であれば挑戦したいと思っている色味で自分に合う色を見つけ出すことができます。

ADDICTION ザ アイシャドウをためしてみる

今現在、自分がつけているアイシャドウを変えて見たいと思っている人は、ぜひコスメカウンターに足を運び自分に合う色を探して見ましょう。
自分で気になる色を見つけて試すのはもちろんですが、店頭にはビューティーアドバイザーがおり、適切なアドバイスをもらうことができます。

特に色味が多いためにどの色をつけたいと思っていても、どのような色味のものや、パールやラメがどのくらいの大きさのものを選べば良いかということは悩ましい問題です。
そのような問題についても、プロであれば普段のメイクや服装、好みのテイストといったものから総合的に合うものを選び提案してくれます。

普段自分が選ばないような色を提案してもらうことができますから、自分ではしないようなメイクに挑戦することもできます。
アイシャドウも単色販売ですからいくつか持って気分で使い分けることも可能です。
いつもメイクがワンパターンになりがちという人はぜひプロの意見を参考にいつもとは違うメイクに挑戦してみましょう。

Related Articles